半沢直樹〜アルルカンと道化師〜

  • 2020.10.07 Wednesday
  • 09:51

先週、半沢直樹のテレビドラマが最終回を迎えましたね。

 

私は1話からすべて観ていましたが、2013年の前作に負けず劣らずおもしろかったです!

 

ネットでは終了して残念、寂しいという声を聴きますが将にその通りですね。

 

現在、池井戸潤先生の新作の「半沢直樹〜アルルカンと道化師〜」を読んでいます。

 

まだ途中ですが、2013年版のドラマや前半部の前日談という設定です。大阪の東京中央銀行時代の話です。

 

ですので、最後まで読んでみないと分かりませんが、ドラマで大人気の大和田取締役が出てこなかったりや中野渡頭取が

頭取ではなく別の方が頭取だったりと、違う感覚で進んでいくのでおもしろいです。

 

ただ、前作の大阪での東京中央銀行時代には片岡愛之助さん演じる黒崎検査官が登場したので、最後まで読んでみないと分かりませんが登場するかもしれませんね。

 

読み終えたらまた書きたいと思いますので、お待ちください。

 

途中ですが、時間を忘れるくらい没頭して読めるおもしろい内容になっています。

 

スペシャル番組でドラマ化されれば、もう観るしかありませんね!

 

最近のドラマは個人的にですけど、半沢直樹ほどワクワク感がある作品はありませんでしたね。

 

やはりベテランの俳優や表現豊かな歌舞伎俳優の方々が主役を吞み込んでしまう様な芝居が

とても魅力的で惹きつけられますね。

 

また半沢直樹の実写化を観たいですね!

 

それではまた!

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

ホームページ

profilephoto コチラからお入りください

様々な媒体で発信しています。

コチラからお入りください

格安屋

コチラからお入りください

selected entries

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM